アンチエイジングとは

美容や健康に関心の高い人たちの間で注目されているのがアンチエイジングです。
日本語では「抗老化」や「抗加齢化」といわれ、加齢による身体機能の老化を遅らせる、予防することで若々しさを保つという意味になります。

老化の原因には細胞の働きが低下する、ホルモン分泌の減少、新陳代謝が悪くなるといったことがあげられます。
細胞の機能が低下するとエネルギーの生産が減少するため、さまざまな臓器の働きが悪くなります。
それによってホルモンの分泌が減少、血液の流れが悪くなることで新陳代謝が悪くなるといった悪循環に陥るのです。

これらを引き起こす要因には活性酸素があげられます。
活性酸素は外から侵入するウィルスや細菌から体を守る働きをしています。
しかし強いストレスや乱れた生活習慣などによって活性酸素が過剰に増え過ぎると、正常な細胞にまで攻撃をしてしまい細胞を酸化させ老化の原因となるのです。

活性酸素を除去し細胞を酸化から守ることが老化を遅らせ予防するアンチエイジングにつながるのです。
体の中にも抗酸化酵素はありますが年齢と共に分泌量が減少してしまうため抗酸化力は低下していきます。
抗酸化力を高めるためには有酸素運動と抗酸化作用のある成分を摂りいれることが大切になるのです。

最近ではアンチエイジング効果のあるサプリメントも多く販売されていますが、長く続けることによる添加物の摂取や副作用への不安もでてきます。
毎日の食事に抗酸化作用のある食べ物や発酵食品などをバランスよく摂りいれることで、免疫力や抗酸化力が高まりアンチエイジング効果を発揮してくれます。

Copyright © 2014 食べ物でアンチエイジング All Rights Reserved.